ウォルドルフ人形を作ろう

ウォルドルフ人形は、子供の身近にいる人、たとえば、おかあさんやおばあちゃんが作ってあげるのが望ましいということになっているけれど(おとうさんでもいいかもよ♪)、作るのにコツがいるし、ちょっと作れないという方のために代わって私が作りましょう、、、、 と、いうことで作っています。

なので、基本的には注文をいただいてから作るのだけれど、アトリエをオープンするにあたって、全然実物がないのもさみしいし、じゃあ、作ろう! モードになりました。

どうせ作るんなら、いっそ、たくさん作りたい! 

出来たお人形に、アルファベット順の名前をつけるのはどうでしょう! だから、目標26体ということになりそうですが、Letter Xで始まる名前だけがどうしても思いつかないので、25体にしようかしらん、です。

製作途中のお人形は、子供さんには見せるべきではなく、完成した形で与えるものとされています。
d0101508_16125970.jpg

ここにあるのは材料の一部です。

チューブ・ガーゼは、頭を作るのに使いますが、お人形の大きさによって、サイズが色々。それに羊毛を詰め、ジャージーをかぶせて作ってゆきます。

針金のようなものが写っていますが、これは針です。この針、英国製で、実に長さが18センチあります。手足が動くような形に作る時には、こうした長い針が必要なのですが、これまでは12センチ程度のものしかなかったので苦労していました。ごく最近入手できて喜んでいるところです。

軽井沢にオープンするアトリエでは、ウォルドルフ人形作りのワークショップに力を入れる計画で、たくさんの方と一緒に人形作りを楽しむことができればと思っています。
[PR]
by country-mouse | 2009-04-07 16:20 | ウォルドルフ人形と友達

浅間山のふもとから、八海山の見えるところに戻りました。


by country-mouse