<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

毎年クリスマスは、ウォルドルフ人形についてのお問い合わせが多いものですが、今年は昨年より、さらに増えまして、その認知度が高くなってきているのではないかと思われました。

たくさん数と種類のある中から、お好きなものを選んでいただけるというような規模で準備できないことを、大変申し訳なく思っております。

今年一年のあれこれを振りかえり、来年はどのような一年にしたいか、、、 と、思いをめぐらしていましたら、、思いだしたことがあります。(もう、30年以上も前のことなので、あちこちあやふやな記憶を勝手に埋めた話になっていますが、ご容赦ください。)
d0101508_20275892.jpg

(レインボー・フェルトで作ったジャンパー・スカート。クリスマス・プレゼントとしてのご注文でした。)

高校を卒業して進学先をどうしようかと考えていた頃、故菊池ともゆきさんがお人形作りの学校を開いたというような話があり、ぜひ、そこに行きたいと思いました。でも、姉に「そういうこと(趣味のお人形作り)は、大学に行きながらでもできる」と言われ、「それもそうだ」と納得して、その案は「なし」となりました。

当時、手作りのお人形と言えば、米山京子さんの、あどけない雰囲気のものが大人気だったと思いますが、私は、菊池ともゆきさんの作る美しいお人形にあこがれていたのでした。

しかも、素材が粘土やビスクではなく、布で作るという点が好きだったように思います。
d0101508_20281952.jpg

(額で分けたヘアスタイル、ぱっちりおメメというリクエストで作ったSちゃん。髪の毛は、ご要望にお応えして、とても長く仕上げています。)

当時、雑誌のNON・NOには、他にも多数の人形作家さんの紹介記事があったものですが、特に根〇マミさんという方の作った”マミのお人形”は、今でも心のどこかに焼き付いているぐらいです。(苗字は「根岸さん」だったか「根本さん」だったか記憶があいまいで、ご存じの方がいらしたら、ぜひ、教えていただきたいところです。)

軽井沢に越してきてアトリエを構え、アルファベットの数だけ制作しようと考えた目標も、あと少しで達成できそうになっています。これだけ作ってまいりまして、今、私の作るお人形は、ウォルドルフ人形としては、ある意味、洗練された形になってしまいました。

それは、作りたいと思ってめざしてきたものの原点に、繊細な顔立ちで清楚な雰囲気の”マミのお人形”があるからのようにも思われます。
d0101508_1717921.jpg

(おかっぱスタイルのPちゃん)

多感な頃にあこがれたお人形、それは、今の私の中では、ちょうど、ウォルドルフ人形のPちゃんにかさなっています。

来年は、このスタイルを変えて、もう少し幼い印象に持っていくのもいいかも、その方が低年齢のお子さんたちに、もっと喜んでもらえるかも、、、、 などと、考えているところです。
d0101508_2029315.jpg

(こちらは、キットを入手したけれども完成させるのが難しいというお話で、制作のお手伝いをした30センチのウォルドルフ人形。可愛らしい仕上がりになりました。)

今年も一年間ありがとうございました。ご縁があって、私のブログを見ていてくださる皆様、どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by country-mouse | 2012-12-29 17:27 | ウォルドルフ人形と友達

クリスマスに向けて

勢いに任せて、たくさん作ったベイビー・ドール、もう少し気軽にお求めいただけたら、と、考え、お値段を下げることに致しました。
d0101508_17184986.jpg

お人形とバックのセットで5,300円の設定だったところを5,000円です。国内普通郵便でよろしければ、送料は無料です。

おやすみポケット・バッグとベイビー・ドールのセット

また、ネコちゃんとウサギちゃんも、少しだけですが、お値段を下げました。
d0101508_1719713.jpg

こちらの二点は、私がとても気に入ったものです。売れるか売れないかというのと、創作意欲とは別物なので、このタイプは、あとさらに幾つか作りま~す。

る・しゃ・るーじゅ & ら・ぱん・じょぬ
[PR]
by country-mouse | 2012-12-14 17:20 | ウォルドルフ人形と友達

貴重な毛糸

淡い黄色の髪の毛をしたフランス人形風のCちゃんを作った時、こういうのが欲しいという方がいらっしゃるのだろうか、と、正直思ったものでしたが、、、、 そのあと三体制作し、Cちゃん自身も「ぜひ」と言ってくださる方があって、お譲りしております。

このタイプを作るのにあたり、問題は髪の毛に使っている極細毛糸でして、メーカーで廃番色となったため、毛糸屋さんでは取扱い終了になったことです。それで、代わりに出た色というのが実に鮮やかな黄色で、お人形の髪にはちょっとそぐわない、もう作れない、と、がっかりしていました。
d0101508_16453358.jpg

しかし、最近、また、お問い合わせいただいたものですから、メーカーさんに直接あたってみました。そうしたら、確かに廃番のため、今後新たに製造することはないが、在庫がある限りは販売ということで6玉ほど入手できました。

これで、新たに三体は作れますね。そのうち一体は、ご予約済みで、年が明けてから制作にかかります。
[PR]
by country-mouse | 2012-12-13 16:46 | ウォルドルフ人形と友達

PちゃんとQちゃん

完成品のウォルドルフ人形たちも、クリスマスに向けて、ひとつ、またひとつと、お買い上げいただいており、手元にあるのは、男の子はJちゃん、女の子はPちゃんQちゃんだけになりました。
d0101508_1865736.jpg

写真では、向かって左がQちゃんで、右がPちゃんです。

このPちゃんとQちゃんには、リバティ・プリントのお洋服を作ったために、お値段を21,000円と設定していましたが、クリスマスに向けて、他のものと同様20,000円に値下げします。

お子さんが髪型を変えて遊ぶためには、Qちゃんの方がふさわしいかと思いますが、おかっぱスタイルのPちゃんも、「美しい子供」です。

これまでウォルドルフ人形をたくさん作ってきましたが、、、、 我ながら、PちゃんとQちゃんは完成度の高いお人形だという風に感じております。
d0101508_1871377.jpg

お人形をお買い上げいただく際には、たいてい、小物をプラスして、お譲りしていますが、PちゃんとQちゃんには、こちらの毛糸のバッグ(すみません、お人形用です)を編んで、おつけします。

制作注文の方は、11月末で締め切っております。今年は、少し早くに締め切りまして申し訳ありませんでした。Pちゃん、あるいはQちゃんと、ご縁のある方からのお申込みをお待ちしております。
[PR]
by country-mouse | 2012-12-09 18:13 | ウォルドルフ人形と友達

ら・ぱん・じょぬ

ネコちゃんに続いて、ウサギちゃんも作ってみました。こちらのお人形に使っているヴェロアは、本当に、ふわふわで、肌さわりの良い素材です。中には、いつもの通り、羊毛を詰めています。
d0101508_14253637.jpg

る・しゃ・るーじゅ & ら・ぱん・じょぬ 
[PR]
by country-mouse | 2012-12-04 14:25 | ウォルドルフ人形と友達

浅間山のふもとから、八海山の見えるところに戻りました。


by country-mouse